海を旅する。

oceanphoto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:珊瑚(さんご) ( 13 ) タグの人気記事


2011年 11月 07日

海底のアート

b0237356_16213452.jpg

[PR]

by shunzo_umitabi | 2011-11-07 16:21 | 口永良部島(薩南諸島)
2011年 11月 07日

オオナガレサンゴ

b0237356_1616548.jpg

[PR]

by shunzo_umitabi | 2011-11-07 15:51 | 口永良部島(薩南諸島)
2011年 11月 07日

被覆型サンゴで埋め尽くされる寝待の海

b0237356_1542429.jpg

[PR]

by shunzo_umitabi | 2011-11-07 15:41 | 口永良部島(薩南諸島)
2011年 11月 07日

浅場のサンゴたち

b0237356_1525532.jpg

岩屋泊の浅場には若い多種多様なサンゴがメキメキ育っている。
20年後、30年後が楽しみで楽しみで、早くジイジになって未来をのぞいてみたいくなる。
最高に幸せになれる場所です。
[PR]

by shunzo_umitabi | 2011-11-07 15:24 | 口永良部島(薩南諸島)
2011年 11月 07日

リュウモンサンゴに舞うハナゴイ

b0237356_15111023.jpg

1年越しに狙ったハナゴイの群の写真。
今年も撃沈・・・中層にプランクトンがいるのか、散らばってまとまりのない群ばかり。
サンゴ調査は100年続けないといけないから、まあ気長に夢を追い続けよう。

実際は、半端じゃないハナゴイが群れてます!
[PR]

by shunzo_umitabi | 2011-11-07 15:07 | 口永良部島(薩南諸島)
2010年 12月 18日

黒島のサンゴたち

b0237356_14565517.jpg

黒島のサンゴは被度にして30~40%ほど。枝状やテーブル状のものより被覆状のサンゴが多い印象だ。岩礁を彩るように点在しているサンゴたちが不思議な模様を創りだしていた。

b0237356_14573483.jpg

[PR]

by shunzo_umitabi | 2010-12-18 14:56 | 黒島(薩南諸島)
2010年 11月 29日

2010年、寝待サンゴ調査

b0237356_1432756.jpg

岩屋泊より多様で豊富なサンゴたちが創りだす世界を、言葉で表現する才が僕にはありません・・・
被度にして90%! 以上っ!
[PR]

by shunzo_umitabi | 2010-11-29 14:31 | 口永良部島(薩南諸島)
2010年 11月 29日

浅場のサンゴたち 

b0237356_14272429.jpg

浅場のゴロタに戻ってくると、コリンボース型やテーブル状の小さなサンゴの群体があちこちに。

この小さなサンゴたちは最近根づきはじめ、これから拡大していくのだろうか。
それとも、小さい規模を維持し続けていくのだろうか。
はたまた、衰退していくのか・・・

今後のサンゴの変遷が興味深い。
[PR]

by shunzo_umitabi | 2010-11-29 14:26 | 口永良部島(薩南諸島)
2010年 11月 29日

珊瑚のアート 

b0237356_1423497.jpg

岩屋泊のサンゴ群落の一つの特徴としていえるのは、ウスサザナミサンゴとリュウモンサンゴが混在していることだ。この海底の芸術には背中がぞくぞくするほどの感動をもらった。
[PR]

by shunzo_umitabi | 2010-11-29 14:23 | 口永良部島(薩南諸島)
2010年 11月 29日

2010年、岩屋泊サンゴ調査

b0237356_14163428.jpg

初めて潜る口永良部島。屋久島の西の海にいつも見える島。念願の来島だ。まずはじめは岩屋泊というポイント。屋久島よりサンゴの被度は高く70%ほど。前年と変わらないようだ。種子島の大打撃を受けた海とは違って生命力を感じる海だった。特にリュウモンサンゴが特に発達していて、海に壮大なアートを形成している。その他、テーブル状、被覆状、塊状、コリンボース型、プロコイド型、セリオイド型などなど多種多様なサンゴがひしめき合っていた。生きものを探すようなダイビングスタイルではなく、ただただ泳ぐだけで至福になる海だ。
[PR]

by shunzo_umitabi | 2010-11-29 14:15 | 口永良部島(薩南諸島)